Web標準化

Web 標準化はどんな環境でも閲覧可能なウェブサイト作りが目的です。
具体的なHTML記述のテクニックを紹介する前に、 Web標準についても少し触れておこう 。Web標準とは、 W3C が中心となって定められた仕様に基づいた、 Web上で標準的に利用される技術の総称である。全世界のどんな人 でも閲覧可能なウェブサイト作りを目的としており、具体的には正しい (X) HTML とC SS を用いて、「文書の構造」と「装飾」を分離するととでサイトの 情報的価値を最大限にまで発揮させることを目指している 。つまり、 Web標準化されたサイトは、どのような閲覧環境でも、ほとんど変わらない装飾とレイアウトでの表現を可能にしたアクセシビリティの高いサイトであると言える 。 Web標準化されたサイトの良い点はこれだけではない。実はSEO対策の観点からも効果的なのである。 Web標準に準拠してサイトを作成することにより、 装飾などの視覚表現はCSSで管理することになり、 HTMLには文書の論理構造のみを記述することが可能になる。つまり、検索エンジンが認識できない装飾表現を切排除し、より重要視されるテキス卜情報のみをクローラーに伝えることができるのだ。 例えば、ブラウザ上での視覚的表現のために、ページのレイアウトを構成することが容易だという理由から、テーブル(表組み)が多く使用される。 しかしこの場合、仮にそのページ内で扱っている情報がテキス卜のみだったとしても、タグの記述だけで何行にもわたってしまい、検索エンジンにとっては非常にわかりづらいソースとなってしまう。そこで、現在ではテーブルを使わずにページのレイアウトをCSS で構成するサイトが公共性の高いサイ トを中心に増加しつつある。 Web標準化されたサイトは、いかなるユーザでも閲覧可能なサイトである 上に、検索エンジンもまた理解しやすいサイトでもあると言える。