リンクの重要さ

検索でヒッ卜するキーワードをどこに入れるか。キーワードは、次のタグに入れるべきである。 titleタグには、対策キーワードを入れよう。検索エンジンが最も重要視するタグであるため、キーワードはなるべtitleタグ内の前方に配置しキーワードの位置関係も近い方がよい。 metaタグ、aタグ h1タグ も重要です。検索エンジンにとってもわかりやすい構造であり、ユーザも何のページなの かがひと目でわかるようになる。 pタグはパラグラフ(段落)を表すタグであるため、文中にキーワードを入れることはもちろんであるが、結論を先に述べる英文の記述方法に合わせ、重要なキーワードは各パラグラフの先頭に配置するとよい。タイトル説明文の最適化も必要です。検索結果画面におけるタイトル説明文の最適化も重要です。

リンクの重要さを理解する
検索エンジンで検索されたキーワードにマッチする情報を持つページへユ ーザを誘導するためには、検索エンジンがそのサイトはどんな情報を取り扱 っているのか認識している必要がある。また、そのためにはクローラーがサイト内の全てのページをもれなく巡回できる状態であるとと、つまり内部リンクを最適化しておく必要がある。 クローラーはリンク をたどってサイトを訪れるわけだが、訪れたページA からそのサイト内の他のページBへのリンクがなければ検索エンジンはページAの存在や情報を認識できたとしても、ページAが属するサイトの存在を認識することができない。また、ページAに訪れたユーザは他のページへのリンクがないとわかるとすぐに検索エンジンに戻り、他のサイトを訪れるか 再検索を行うだろう。 現在でもコーポレートサイトやショッピングサイトに おける店舗情報ページが、ポップアップで表示されるといったサイトをよく見かける。例えば、 東京での引越しを考えている人がいたとしよう 。運送を依頼する引越し業者 を「東京引越し」と検索したとする。このときに、東京の店舗ページがポップアップで表示されたらどうだろう。ユーザは店舗の場所がわかったとしてもどのくらいの料金でどのようなサービスが受けられるのか知ることができない。一方、店舗ページからサイトのトップページやサービス案内ページへ適切にリンクがはられていれば、ユーザはそれらの情報を知ることができ資料請求や問い合わせへつながる可能性が高くなる。検索エンジンもまた、リンクによってそのページが属するサイトの存在を認識すると同時に、店舗ページとサイト内の他のページとの関連性が高いとして、そのサイトが「引越し」というテーマに関連が深いサイトだということを認識することができます。