キーワード選定のリスク

サイト運営者の思い込みでキーワードを選定することは危険です。
キーワード選定のポイン卜としてもう 1点挙げておきたいのが、サイト運営者が想定するキーワードとユーザが実際に検索するキーワードには違いがあるということだ。検索キーワードは、ユーザが検索を行う瞬間に頭の中に思い浮かべた言葉が表現される。したがって、キーワードのピックアップを行う際は、 一般ユーザの立場に立ち、彼らがどんな言葉を考えるのか、あらゆる可能性を考えなければならない。サイト運営者の思い込みだけで検索キーワードを決めるのは、非常に危険である。 例えば、家具を販売するECショッブをいくつか見てみたが、「テレビボード」というキーワー ドで対策をしているサイトがあった。しかし、テレビを載せる家具が欲しいと思ったユーザが思いつくキーワードは「テレビボード」 よりも「テレビ台」の方が圧倒的に多い。サイト表記を一方に統一しなければならないことも多いが、 Google で、はこれらの 検索結果が異なるため、どちらの表記がよいかもう一度検討をする必要があるだろう 。企業のシステム管理者は「レンタルサーバー、個人が安価のサーバを探すときは「レンタルサーバー」というように検索キーワードに宮まれ る文字が異なることもあるからだ。サイト運営者の思い込みを取っ払い、ユ ーザ視点で検索キーワードを選ぱなければ、大きなチャンスの損失を招く可能性があるということを心得ておくべきだ。