キーワード含有率

コンテンツを文章に落とし込む際に、 SEO対策の観点で注意すべきこととは何だろうか。 Web 制作の過程において、外部のライターに依頼したコンテンツを そのまま掲載したり、頻繁に更新されるプレスリリ ースや採用情報は、社内のPR 担当や採用担当からもらった原稿をそのまま掲載したりすることが多いだろう。しかし、そこにSEOライテイングのエッセンスを加えるだけで、任意のキーワードで検索にヒットしやすくなり、大きな効果を生むととになる。

ちょっとしたキーワードの工夫が大事です。ライテイングをする前に、対象キーワー ドが決まったら、まずはYahoo! とgoogle でそのキーワードを検索してみよう。そのキーワードで1 位、 2位に表示されている競合サイトを見てそのキーワードの対策難易度を把握すると 同時に、検索エンジンのキーワード認識方法を事前に確認をしておく必要がある 。 ワードの 対策難易度をチェックをしておくことをおすすめする。

キーワードの含有率を意識するのではなく、ユーザにとって良いコンテンツにする事が大事です。
キーワード含有率は 何%くらいにしたらよいのか。 一般にキーワードリッチなコンテンツにすることはSEO対策の基本と言われているが、キ ーワード含有率は結論として 何%といった厳密な数字と検索順位はほとんど関係ないと言ってよいだろう。 重要なのは、ページのテーマに合ったコンテンツを書くことであり、その内容がユーザにとって役立ち、わかりやすい情報であるかということである。  これらを意識してライテイングを行えば、キーワード含有率は自然と3~5% 程度になるものだ。ユーザにとって良い サイトは、検索エンジンにとっても良いサイトなのだかう、厳密な数字を意識するよりも、ユーザにとって良いコンテンツを提供することを意識した方が賢明である。