キーワードのページ割り当て

キーワードのページ割り当てはSEOにとって重要な作業です。
キ ーワードをサイトのコンテンツに割り当てるという作業。集めて広げて不必要なものを削除した対象キーワードリストは、 類似キーワードをまとめるなどしてグルーピングすると同時に、対策優先度を付けておくとよい。あれもこれもとなると、全てを一度に成功させるのは難しくなる。キーワー ドをサイトのコンテンツに割り当てるとはどういうことか。 基本的に1ページで対策するキーワードは1ワードと考えるのがよい。 1ページ内に様々なトピックを詰め込むとテーマがばらけてしまい、検索エンジンはこのページのテーマが何なのか判断しにくくなる。そのために上位表示もされにくくなる。「賃貸 東京」で検索された場合は東京の物件一覧 ページ、「賃貸千葉」で検索された場合は、千葉の物件覧ページへ誘導させればコンパージョンも生まれやすくなる。 また、前頁のキーワードリストで挙げたが、割り当てられるコンテンツが 存在しない場合は、そのキーワー ドをテ ーマとしたコンテンツを作るとよい。 例えば、 『部屋探し」というキーワードに対応するページが存在しなかった『部屋探しのコツ」というコンテンツを作ることで、今まで誘導できていなかった 『部屋探し』で検索するユーザを取り込むことができるようになる。 キーワー ドのページ割り当てという作業はSEOにおいて重要なのである。