SEO対策の本質

SEO対策の本質は 『ユーザーフレンドリー化』
ウェブサイト(ホームページやブログなど)のアクセスアップの手段 として 「検索エンジンの検索結果で上位に表示されることが必須」 というのは、今やウェブサイトオーナーだけでなく 一般ユーザーにとっても周知の事実になっています。 しかし、いわゆる SEO 対策テクニックでうまく上位表示を果たせた人がいる一方で、マニュアル通りの対策を施 したにもかかわ らず結果を出せず、 SEO 対策テクニックの「アリ 地獄」に陥ってい るサイ トオーナーが非常に多くいるのも事実です。SEO 対策が規定通りのテクニックだとすれば、その対策を施せば等しく成果が出るはずです。では、なぜ結果が異なるのでしょう 。 SEO 対策の根本的な考え方、捉え方を間違っていることが原因だと思っています。 SEO対策というのは、どんなサイトであろうと検索結果で上位表示でき てしまうよ うな「魔法のテクニック」ではありません。にも
かかわらず、 SEO 対策を上位表示の「特効薬」や「裏ワザ」のように考えている人は少なくありません。 そのような間違った認識を持っている人は、 SEO対策の根本的な意味を見直す必要があります。

では、そもそも  SEO 対策とは何なのでしょうか。
SEO 対策の本質は「ユーザーフレンドリー化」

定義:検索エンジン最適化 (Search Engine Optimization) 対策
内容:検索エンジン自体の仕組みやルール(アルゴリズム)に合わせてサイトの文言やキーワードを見置したり、 HTMLタグを再構築することなど
こんなことは、もはや誰でも分かつていることでしょう。ただ、 SEO 対策を実践する人の多くは「最適化」という部分にばかり目を奪われてしまい、肝心の「検索エンジン」の方をきちんと見ていないようです。もし「検索エンジンがどういうものだろうと関係ない、要は上位表示されるかどうか、それだけが問題だ」という思考で、「最適化」するテクニックばかりを追いかけて、検索エンジンのことは何にも 考えていないとしたら、 SEO の本質をまったく理解していないことになります。このように、検索エンジン自身のことは二の次にし、最適化のテクニックばかり追いかけていると、「検索エンジンのアルゴリズム変更」に振り回され続け、結局は思うような順位にたどり着けない結果が待っています。 SEO の本質を理解するためには、何よりもまず検索エンジンのコンセプトを知ることが最優先なのです。
そもそも検索エンジンって何?
検索エンジンは何のためにあるのか 。これを、皆さんは今まで考えたことがあるでしょうか。
普段考えたことがなかったとしても、答えは案外簡単に浮かぶでしょう。
それは、「知りたい情報をクリック一つで表示してくれるもの」であり、ちょっと回りくどく言えば、「大量に存在するウェブサイ卜を集約して、自分が欲しい情報をすばやく適切・的確に提供してくれるもの」です。もちろん、検索エンジンには他の役割もあるでしょう。しかし最も大きな役割は「情報の整理と適切・的確な提供」に他なりません。これを、検索エンジン側の視点で言い換えると「ユーザーが求め
ている情報を適切・的確にすばやく提供する」ということになります。つまり、ネット上の膨大な情報の中から、「求める情報ヘ的確にすばやくアクセスできる」ことこそが、検索エンジンが追求し続け
る理想でありゴールなのです。 Yahoo! やGoogle といった検索エンジンは、このコンセプトを満たすために、しのぎ、を削って日々進化しているわけです。この検索エンジンの「日々の進化」は、検索エンジンの運営元が「ユーザーの利便性を高めるために検索エンジンを進化させる」こ とに他なりません。そして、これこそがSEO 対策業界でよく耳にする「検索エンジンのアルゴリズムの変更」という言葉の正体なの
です。 SEO 対策に敏感な人は、「近々、検索エンジンのアルゴリズムの 変更がある」などと、よく噂します。また、 Google のアルゴリズムが変わったから表示順位が落ちちゃったよ」とか Yahoo! のアルゴリズムが変わって自分のサイトが表示から外された」という話 もよく耳にします。しかし結局のところ、検索エンジンのアルゴリズム変更があったとしても、検索エンジンの目指すゴールは何も変わりはないのです。ですから、検索エンジンのコンセプトに沿う形でサイト作りをしていれば、アルゴリズムの変更のたびにおびえる必要はないはずなのです。
SEO 対策の本質は 「ユーザーフレンドリ一化」

ユーザーが求めている情報を、すばやく的確に(できるだけ短いステップで)、ユーザーに提供するためです。ユーザーの求める情報を的確・適切に掲載しているサイトを、できるだけ上位に表示して短いステッフでアクセスできるようにして、ユーザーの利便性を向上させる。これこそが検索エンジンにおける順位付けの考え方なのです。大切なので強調しておきますが、検索エンジンの順位付けの根本は、検索エンジン 会社のエゴでも資本の都合でもありま せん。あくまで、もユーザー視点、に立った、情報検索の利便性の向上にあるのです。

SEO 対策とは、一体何を指しているのでしょうか? サイトの文言やキーワードを書き直すことでしょうか。 HTML のタグを適正化することでしょうか。他人のサイトからたくさんリンクをもらう(被リンクの獲得)ことなのでしょうか。これらは決して間違いではありません。しかし、ここまでの内容を理解したならば、もう少し本質的な解答が浮かぶのではないでしょうか。そう、「ユーザーの求める情報を読みやすく、わかりやすく提供すること」です。とてもシンプルで、誰にでもすぐ分かりそうな答えです。しかし、
細かいテクニックにばかり気を取られ、本質が見えなくなっている人にはこれが思いつかないはずです。 この本質を把握していないと、昨今多く見られる悪質な SEO 対策業者などにクローラがどうの、アルゴリズムがどうのと小難しく 理解不能な技術的な話をされ、ほとんど効果がないSEO 対策に対して、わけもわからぬまま高額な料金を支払うことになります。 逆に技術的な話がわからなくとも、「この SEO 対策は、本当にユーザーへの情報提供に役立つのか ?という視点をきちんと持ってい れば、業者が提案していることがSEO 的に正しいことか否かを自身で判断できるでしょう。
「ユーザーフレンドリー化」とそ究極のSEO 対策
ちなみに、 SEO対策を一言で「ユーザーフレンドリー化」と言い換えることが多く、むしろこちらのほうがしっくりきます。 SEO 対策というと魔法のテクニックがあるのかのような印象を与えますが、ユーザーフレンドリー化といえば誤解も少なく、 SEO対策の本質が理解してもらえると考えるからです。 私は、巷で言われる SEO 対策テクニックについてほとんど気にしていません。ユーザーフレンドリーであることは、「究極の SEO 対策」なのです。検索エンジンのコンセフトにマッチしているならば、アルゴリ
ズムの変更も関係ありません。しかし、誰もがこの「ユーザーフレンドリー化」を実行できるとは限りません。そこで、ここからは 「ユーザーフレンドリー化」という理想のもとに、 実際の SEO 対策をしていきましょう。